ソファーを通販で買ってリビングに置きましょう

ソファーがあると暮らしに「癒し」が生まれます。一人暮らしですと、買うかどうか迷う家具の一つでしょう。買っても運ぶのに大変ですし、ベッドがあれば十分と当初は思うものですが、ベッド以外にゆったりと過ごすスペースが欲しくなるものです。通販ならば、ご自分で運ぶ必要もありません。 リビングにあれば、背もたれにゆっくりと体を預けてテレビを見たり本を読んで快適にご自分の休息時間を過ごせます。床で過ごすと体は痛くなりがちですし、座椅子なども結局はあまり自由に体を動かせません。中途半端なものを買って数年で変えるよりは、奮発して納得のいくものを買って一生ものにしましょう。 また、インテリアとしても存在感があり見た目にも癒しを与えてくれます。あなたのリビングをぐっと居心地をよくしてくれるものを通販で選んでみましょう。

柔らかめのもの、固めのものの比較

まずソファーにはピンと張った固めのものと、包み込まれるような柔らかいものがあります。双方を比較して紹介します。 掃除のしやすさからすると固めのソファーがよいです。水分が含んだものをこぼしてもさっと拭き取れます。ホコリやダニも付着しにくいです。革製品ならば、アレルギー体質の方も使いやすいでしょう。また、固めのもののメリットとして立ち上がりやすさがあります。一方で、柔らかめのものはくつろぎやすくリラックス度はかなりのものです。ついつい居心地がよく寝落ちなどしてしまっても、柔らかめであればあまり体が痛くないです。 また布製であれば、肌ざわりもよく冬も冷たくありません。そして革製品などに比べれば安価でお求めやすいのも特徴の一つです。カバーが取り外せるようであれば、洗濯もできます。

選ぶ色によって印象が変わります

また悩むポイントとしては色があると思います。色を選ぶ基準としてあげられるものは、差し色として使える色を選ぶか、部屋の壁や床と同じ色にするか、調和のとりやすい補助色のものを選ぶかの3パターンが考えられます。 まず差し色として使う場合は部屋全体と真逆な色を選ぶとよいでしょう。白い壁などであれば赤いものなど目の引く色があげられます。この場合はぱっと部屋を明るくし、華やかになります。部屋の壁は床と同じ色にする場合ですと、例えばフローリングなどの色にあわせて茶色いものを選ぶと、部屋に閉塞感が出ないので広々とした印象になります。 最後に補助色のものや調和のとりやすい色を選ぶ場合だと、落ち着いた印象もありつつもオシャレにも見えます。渋めのカラーで統一してみたり、他の家具の色を薄くしたり濃くしたもので同じトーンで選ぶのもいいでしょう。是非見た目にも「癒し」のある空間を目指してお部屋作りをしたいものです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加